ブログ・お知らせ

★ご家庭での吐物・下痢便のついた衣類の消毒方法★

こんにちは、ほけん係です。

冬らしく寒い日々が続き、先週あたりから園内でも体調を崩す子が増えてきています。

熱・鼻水・咳などの風邪症状や、お腹のゆるい子、嘔吐する子も数人いました。

嘔吐処理をするときはピンクのガウンを着ているのですが、いままでは「先生どうしたの~?」「なんでピンクの着てるの~?」と興味深々になっていた子どもたちもすっかり慣れてしまいましたね。見慣れた姿にはなりたくはないのですが…💦

冬のこの時期は、感染性胃腸炎が広がりやすい季節でもあります。園内での二次感染を防ぐ為、日ごろから汚れた衣服などはそのままお返ししていますが、嘔吐や下痢などの場合も同様にお返しさせていただきます。お手数をおかけしますが、ご自宅でのお洗濯をお願いいたします。

 

★★ご家庭での吐物・下痢便のついた衣類の消毒方法★★

汚物中には感染力の強い細菌やウイルスが入っている場合があります。正しい処理方法で感染を防ぎましょう。

 ① 汚物のついた衣類や布団などを取り扱う際は、使い捨ての手袋などをして直接触れないようにしましょう。

 ② 汚物の付着したものは周囲を汚さないように移動しましょう。

 ③ 汚物処理の際はマスクを着用し、水洗いをして汚物を取り除き、色落ちしない物は塩素系の漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムなど) 10 分間浸しましょう。

 ④ 消毒後は他の物と分けて、最後に洗濯をしましょう。

*処理せずに洗濯機で洗うと洗濯機が汚染され、他の衣類にもウイルスが付着します。水洗いした場所も消毒しましょう。