ブログ・お知らせ

かぜのあとの急性中耳炎・ 滲出性中耳炎に注意!

子どもの耳の特徴 は、子どもは耳管が短く太い ・耳からのどまでの傾斜がゆるやか なことです。このため細菌やウイルスが侵入しやすく 急性中耳炎になりやすいです。中耳炎を繰り 返していると、鼓膜の奥に液体がたまる滲出性中耳炎を起こしている場合もあります。

急性中耳炎は痛みや発熱、耳だれなどでわかり ますが、滲出性中耳炎は、なんとなく聞こえづらいなどの症状ですから、子どもから伝えることは難しいということがあります。鼻水など続くようなら、一度耳鼻科でも診てもらいましょう。 滲出性中耳炎の治療には時間がかかりますが、 ほとんどの場合は治癒します。放置しておくと、入院手術が必要になることや、難聴が原因 で心や言葉の発達にも影響するので、治療は根 気よく続けましょうね。